英語のwebサイト翻訳のデメリット

webサイト翻訳を信じるな

webサイト翻訳は打ちこまれた文字をもとに機械が翻訳をします。つまり訳は機械的になるということです。今の時代において高いレベル水準には達していますが、webサイト翻訳がする訳は完全な訳とは言い切れません。人が伝えたいと思うことを100%理解できるとは言えないのです。自らが伝えたいことと機械的に訳したことではズレが生じるのは当たり前のことです。特に意訳をすることは機械には難しいのです。特殊な意味を持つ言い回しや例外的な使い方をする表現の時、機械は上手に訳すことができないのです。つまり、機械はデータとしてインプットされていることにしか対応ができないのです。しかし、日常において独特な表現は普通に使われます。webサイト翻訳はそのような場合に意味をなさないのです。

言語の壁を機械は越えられない

言語にはそれぞれの特有さがあります。日本ではある意味の単語が別の言語にすると違うニュアンスに変わってしまうことがあります。日本語の単語と意味が100%同じである単語を探す方が難しいくらい、違う言語で同じ意味を持つものは少ないのです。そのようなニュアンスの違いを機械は判断することができません。日本語ではこの意味であるが、別の言語の時には言い回しを言える必要があるときがあります。その時、人が翻訳する場合には対応することができます。しかし、機械はマニュアル通りにしか動けません。そこで、伝えたいことととの差異が生まれることがあります。また、英語などには力を注いでいて進歩していますが、他の言語は不完全なところが多いです。進歩しているとされている英語に関してもまだ不完全であります。言語は人の気持ちを伝える言葉なので、機械には完全に読み取ることができない難しさがあるのです。

© Copyright Choose Website Translation. All Rights Reserved.