中国語のwebサイト翻訳のデメリット

中国語のwebサイト翻訳は正確さに限界がある

中国語を日本語に訳す時、直訳だけでは限界があるので、意訳が必要になることも多々あります。直訳のみで訳そうとすると、意味不明な文章になってしまうからです。機械翻訳は意訳よりも直訳に比重を置いて訳す傾向があるので、日本語訳が正確でない、ということも起きます。 例えば「吃?了」は、ごはんですよという意味ですが、中国語のwebサイト翻訳を使うと、ごはんは食べましたや、夕飯をとりますなどとなり、意味が正確に伝わってきません。こうした翻訳からは、原文をどの程度忠実に訳しているのかも伝わりにくく、正確かどうかチェックするために人の手を借りることになります。機械が訳すのである程度の不完全さは仕方ありませんが、不自然な日本語訳は、中国語のwebサイト翻訳の限界を物語っています。

専門分野の翻訳に限界がある

中国語のweb翻訳サイトは、中国語や日本語などの辞書が入ったデータベースを基に、単語と文法を駆使しながら翻訳していきます。この仕組みをルールベース翻訳といいますが、訳したい文章を入力するだけで中国語を日本語の単語と文法に置き換えてくれる便利さがある反面、データベース外の翻訳に対応しにくいというデメリットがあります。翻訳と言っても日常会話から学術分野まで様々です。高い専門分野になるほど専門用語や独特の表現が出てくるので、正しく翻訳されない確率も高くなってきます。 ルールベース翻訳の他に、統計翻訳を使っている翻訳サイトもあります。これは人によって訳された文章などをデータベースに持っているため、ビジネス文書と言った専門性の高い翻訳にも対応しやすいですが、統計翻訳はデータベースの量によって翻訳の質が決まってくるので、精度の高い翻訳を求めるなら、それに見合った量の情報が必要になります。

© Copyright Choose Website Translation. All Rights Reserved.