英語のwebサイト翻訳のメリット

Webサイトを翻訳する必要ってある?

Webサイトを英語にする必要ってあるのでしょうか?海外からのアクセスなんてほとんど無いし、問い合わせだって来ないのだから英語にする必要なんか無い、と思ってませんか?でも実は、現在インターネット上のリソースは英語で書かれているものが圧倒的に多いのです。海外からのアクセスがないとビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。さらに東京オリンピックを控え、日本ではインバウンド消費が特に重視されています。海外からのお客様は日本語のWebサイトだけでは買い物することも地図を見ることも困難です。もはや、日本に来たら日本語を話すべきだなどと言っている場合ではないのです。これを機会に、Webサイトを英語に翻訳し、チャンスをグローバルに広げるべきでしょう。

やっぱり英語に翻訳しよう!

Webサイトを英語に翻訳するメリットはたくさんあります。1つは、海外からのアクセスが増えることで、ビジネスチャンスの拡大につながるということです。ここで大事なのは、機械翻訳に任せず、必ず翻訳を専門としている会社を通してチェックしてもらうことです。いくら機械翻訳が進化したとはいえ、「原文が文法的に正しい」場合でなければ、正しい文章として翻訳できないケースも多いのです。また、とんでもない誤訳に気づかず、後に大問題になることもあります。また、同じ単語でも分野によっては違う意味を持つことがあります。このため、翻訳を依頼する際には、必ずその分野に精通した翻訳会社や翻訳者に依頼するのがポイントです。Web翻訳の場合はITの知識も併せ持った人に依頼すると良いですね。

© Copyright Choose Website Translation. All Rights Reserved.